日焼け止めは肌に悪いのか悪くないものかどちらなのでしょうか?

日焼け止めで肌荒れしない方法はあるのか、肌に優しいものとはどんな成分のものなのかについてみていきましょう。

日焼け止めは肌に悪い

日差しが強い日にはお肌を紫外線から守るために日焼け止めが欠かせませんよね。

しかし、逆に日焼け止めがお肌に悪影響を与えるという事を知っている人も多いと思います。

ただ、日焼け止めがお肌に良くないのは知っていても、なぜ悪いのか理由まで詳しい人は少ないのではないでしょうか?

今回はなぜ日焼け止めはお肌に悪いのか、そして肌荒れしない肌に優しい日焼け止めはあるのかどうかを合わせてみていきたいと思います。

目次

  • 日焼け止めは肌に悪いの?
  • 日焼け止めで肌荒れしない方法はある?
  • 日焼け止めで肌に優しい成分のものとは?
  • まとめ
スポンサーリンク

日焼け止めは肌に悪いの?

暑い時期になると外出するときにはしっかりと日焼け止めを塗っていく人も多いと思います。

しかし、日焼け止めはお肌に悪いと聞いたことがありませんか?

実は、日焼け止めの中にはお肌に負担をかけるものがあるのです。

日焼け止めというのは、大きく分けて

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線拡散剤
の2種類の成分が使われています。

このうち、紫外線吸収剤というのは、紫外線をお肌に吸収し、化学反応を起こして熱に変えてまたお肌の外に出すという効果があります。

その時に、お肌で化学反応を起こすことが、お肌に負担をかけ、悪影響を与えてしまうのです。

しかし、お肌に悪影響を与える化学反応よりも、紫外線を直接浴びてしまう方がお肌には悪いもの。

お肌が弱い人の場合には、炎症などを起こしてしまうこともあります。

しかし肌が弱くないのであれば、多少お肌に負担をかけてしまってもしっかりと日焼け止めを塗ったほうが良いのです。

スポンサーリンク

日焼け止めで肌荒れしない方法はある?

日焼け止めを使うと必ず肌荒れしてしまうものなのでしょうか?

確かに、特にお肌の弱い人や敏感肌の人の場合、ちょっとした刺激でもお肌が荒れてしまいます。

しかし、特にお肌が弱いというわけではない場合には、普通に使用していれば肌荒れを起こすことはありません。

ただ、日焼け止めを使用してどうしても肌荒れを起こすという人の場合には、いくつかの原因が考えられることがあります。

日焼け止めをしっかり落とす!

まず一つ目が、使用後にきちんと落としていないという事。

日焼け止めは、先ほどお話ししたように少なからずお肌に負担をかけてしまいます。

その為、使用後はきちんと落とす必要があるのです。

落とし方は、商品によって石鹸やクレンジング、お湯などの方法があります。

きちんと落とさないと、日焼け止めの成分がそのままになり、お肌に悪影響を与えてしまいます。

自分の肌と相性の良い日焼け止めを選ぶ!

次に、自分の肌に合った日焼け止めを選んでいない場合です。

日焼け止めには、SPF値・PA値というものがありますよね。

どちらも数値が大きければ大きいほど日焼け止めの効果が高いと言えます。

しかし日焼け止めの効果が高い分お肌への負担も大きくなります。

その為、

  • ちょっとしたお出かけの場合には数値の小さくお肌への負担も小さいもの
  • 長時間炎天下にお肌をさらす場合には数値が大きいもの
と使い分けるのもポイントです。

日焼け止めで肌に優しい成分のものとは?

日焼け止めも気になるけど、やはりお肌が敏感な人は肌に優しいものを選ばなくてはいけませんよね。

では、お肌に優しい日焼け止めとはどんなものがあるのでしょうか?

紫外線拡散剤を使用した日焼け止めがおすすめ!

まず、紫外線拡散剤を使用した日焼け止めがおすすめです。

紫外線拡散剤は、日焼け止めを塗ることでお肌を守る膜をはります。

そうすることで紫外線がお肌に当たっても、膜が紫外線を跳ね返してくれるのです。

その為、紫外線吸収剤のように化学反応を起こすことなく、お肌にも優しいのです。

オーガニック成分の日焼け止め

次に、オーガニック成分を使用した日焼け止めです。

最近身体にいいと何かと話題となるオーガニック製品ですが、日焼け止めにもオーガニックなものがあります。

これなら、天然成分が使われているのでお肌にも優しいと言えます。

まとめ

日焼け止めというと、紫外線からお肌を守ってくれる一方、お肌に悪いというイメージがありますよね。

確かに、お肌に負担をかけてしまうものもありますが、中には

  • お肌に優しいもの
  • お肌への負担が低いもの
もたくさん販売されています。

自分のお肌や用途に合わせて自分に合った日焼け止めを選んで使用するようにしましょう。

スポンサーリンク