日焼けによるメリットとデメリットについてみていきましょう。

日焼けによる紫外線の影響で肌や皮膚や目などがダメージをうけししまいますが、実は悪いことばかりでもありません。

日焼けにはいい効果もあるため、メリットとデメリットがあると言えます。

日焼けのメリットとデメリット

夏といえば、やはり気になるのが強い日差しと紫外線による「日焼け」ですよね。

日焼けをしないようにするために、日傘などのグッズを利用したり、日焼け止めを塗って対策をしている人も多いと思います。

しかし、日焼けをすることでのメリットも少なからずあるものなのです。

では、今回は日焼けによるメリットとデメリットの両方を見比べてみたいと思います。

目次

  • 日焼けによるメリットとは?
  • 日焼けによるデメリットとは?
  • まとめ
スポンサーリンク

日焼けによるメリットとは?

日焼けというと、デメリットばかりが頭に浮かび、メリットなんてないなんて思っている人もすくなくないのではないでしょうか?

しかし、日焼けがデメリットでしかないというのであれば、「日焼けサロン」なんて言う場所はできませんよね。

では、日焼けによるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

健康的に見える!

一番多く言われているのが「健康的に見える」という事です。

どうしても色白の人というのは、

  • 不健康
  • 病的に見えがち
ということがありますよね。

そんな自分を変えるためにあえて日焼けをするという人もすくなくないのです。

夏を感じる!

そして、中には日焼けをすることで夏を感じるという人もいます。

夏といえば、やはり元気よく外で走り回り、こんがりと日焼けをするというイメージがありますよね。

そのイメージから、日焼けをすることで夏を感じるというメリットもあるようです。

精神疾患予防!

そして、意外なメリットが「精神疾患予防」というものがあります。

日光を浴びることで、幸せホルモンといわれている「セロトニン」が分泌されます。

これは、

  • やる気の向上
  • 精神疾患の予防
につながるのです。

ただ、セロトニンを分泌させるためには、日焼けをしなくても日光に当たるだけでも十分に分泌されます。

スポンサーリンク

日焼けによるデメリットとは?

日焼けといえば、やはりデメリットのイメージの方が多いですよね。

その証拠に日焼けから肌を守るために多くの日焼け止め製品が販売されています。

では日焼けによるデメリットを上げていきましょう。

皮膚がんなどの危険性が増す!

まず一番心配なのは、皮膚がんなどの危険性が増すという事です。

日焼けをするとすぐに皮膚がんになるというわけではありませんが、紫外線を受け続けることで皮膚がんになるリスクが高まるのは事実です。

シミやそばかす

次に、女性が最も気にしているのが、シミやそばかすです。

紫外線を受けると肌でメラニンが作られ日焼けをするというのが、日焼けで肌が黒くなるメカニズムです。

そんな紫外線を吸収したメラニンが増えてしまうと、その部分が黒く見えてしまうのです。

これが、シミやそばかすなんです。

光老化によるシワ・たるみ

紫外線を浴びることによって「光老化」という皮膚障害があります。

これは、しわやたるみの原因ともなっているのです。

このほかにももちろん皮膚が日焼けしてしまったり、重度の日焼けともなると

  • 赤みを伴う炎症
  • 水ぶくれ
が起きることもあります。

さらに、直接日差しを受けることで

  • 日射病
  • 頭痛
  • 吐き気
を催すこともあります。

目への影響

実は日焼けは目にも重大なデメリットがあるのです。

最悪の場合、白内障や角膜炎、さらには失明の恐れもあるのです。

このように、日焼けによるデメリットは計り知れないものがあるのです。

まとめ

日焼けというと、どうしてもデメリットばかりが浮かびますよね。

確かに日焼けによる紫外線の影響は身体全体に及びます。

しかし、決してデメリットばかりだけではないのです。

日焼けが身体に悪いからと言って、まったく日差しを受けないというのも健康に良くないのです。

日焼けをすることによって、

  • うつ病の予防
  • 日光浴によるビタミンDの生成
  • 日焼けをすることによって健康に見える
というメリットがあるのです。

日焼けというのはデメリットばかりではないのです。

確かに日焼けのし過ぎはいけませんが、時には短時間でも日差しを浴びるのもいいことですよ。

スポンサーリンク