日焼け止めで肌荒れやブツブツができる原因にはどんなことが考えられるでしょうか?

日焼け止めで肌荒れを起こさないための対策や対処法にはどのようなものがあるのでしょうか?

日焼け止めで肌荒れ

日差しが強いときには、紫外線からお肌を守るために日焼け止めが欠かせませんよね。

しかし、日焼け止めを使用したら、肌荒れを起こしてしまったなんていう経験をしたことがある人もすくなくありません。

では、なぜ日焼け止めを使用すると肌荒れを起こしてしまうのでしょうか?

そして、日焼け止めで肌荒れを起こす時の対策や対処方法はないのでしょうか?

目次

  • 日焼け止めで肌荒れやブツブツができる原因とは?
  • 日焼け止めで肌荒れしない対策や対処法とは?
  • まとめ
スポンサーリンク

日焼け止めで肌荒れやブツブツができる原因とは?

日焼け止めを使用すると、なぜ肌荒れを起こしてしまったり、ブツブツができてしまうのでしょうか?

刺激の強い日焼け止めを使っているのが原因に!

まず、刺激の強い日焼け止めを使っているという事が考えられます。

日焼け止めの成分には、

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤
の2種類があります。

紫外線吸収剤の日焼け止めを使っている!

紫外線散乱剤は紫外線を跳ね返すので特にお肌への刺激は少ないですが、問題は紫外線吸収剤です。

紫外線吸収剤はいったんお肌へ紫外線を吸収し、化学反応を起こして熱に変え、お肌から出すというもの。

この化学反応がお肌への刺激を与えてしまうのです。

SPF値・PA値が高い日焼け止めを使っている!

日焼け止めはSPF値・PA値が高ければ高いほど、紫外線からお肌を守る効果が高いのですが、その分お肌への負担も大きくなるのです。

とくに敏感肌やお肌の弱い人は、ちょっとした刺激でも肌が炎症を起こしてしまいますよね。

その為、たとえSPF値・PA値が低いものでも肌荒れやブツブツの原因になってしまうことがあります。

日焼け止めをしっかり落とせていないのが原因!

日焼け止めを使用した後のお手入れがきちんとできていないと、肌荒れやブツブツの原因となってしまうことがあります。

日焼け止めというのは、紫外線からお肌を守る分、お肌に負担をかけてしまっていますよね。

その為、使用した後はきちんと日焼け止めを落とす必要があるのです。

落とし方は日焼け止めの種類によって違い、

  • クレンジングが必要なもの
  • 石鹸で落ちるもの
  • お湯だけで落ちるもの
というタイプがあります。

その決められた通りの落とし方をしないと、日焼け止めがしっかりと落ちず、長くお肌についていることで肌荒れなどの原因となってしまうのです。

このように日焼け止めで肌荒れを起こす原因には様々なものがあるのです。

スポンサーリンク

日焼け止めで肌荒れしない対策や対処法とは?

日焼け止めで肌荒れを起こさないためにはどうしたらいいのでしょうか?

刺激の弱い成分の日焼け止めを使って対策する!

まず大切なのは、自分に合った日焼け止めを使うという事です。

特に敏感肌の人が刺激の強い日焼け止めを使用するとどうしても肌荒れを起こすことが多くなります。

そんな時には、

  • 刺激の弱い紫外線散乱剤が使われた日焼け止め
  • SPF値・PA値が低い日焼け止め
を選ぶようにしましょう。

さらに、無添加のものや天然由来成分が使われたものを使用するのもお勧めです。

日焼け止めを使用する前に保湿をして対策する!

日焼け止めを使用する前にはしっかりと保湿をすることも大切です。

日焼け止めというのは、その性質からお肌を乾燥させやすくしてしまいます。

そして、お肌が乾燥することで肌荒れを起こす原因の元になるのです。

その為、お肌などに日焼け止めを使用するときには、しっかりと事前に保湿をしておくことが必要なのです。

ファンデーションで対策する!

肌荒れを防ぐ方法として、実は

  • パウダーファンデーション
  • UVカット効果のあるファンデーション
を使用するという方法もあります。

パウダーファンデーションやUVカット効果があるファンデーションには、紫外線散乱剤と同じような効果が期待できます。

さらに、ファンデーションと日焼け止め効果の両方を1つで使用することが出来るためにメイク時の時短にもなります。

まとめ

日焼け止めを使用することで肌荒れを起こす原因には様々なものが考えられます。

特にお肌がもともと弱い人や敏感肌の人は、刺激の弱いものを選んで使用するなど注意が必要です。

もしも日焼け止めで肌荒れを起こしてしまう場合には、

  • 自分に合った日焼け止めを選ぶ
  • 刺激の弱い日焼け止めを選ぶ
  • 日焼け止めをしっかり落とす
  • 日焼け止めを塗る前にきちんとお肌のケアをする
などが肌荒れを起こさせないための重要な対策となります。

スポンサーリンク