日焼け止めで匂いなしのものはあるのでしょうか?

また日焼け止めの匂いを消す方法ってあるのでしょうか?

そして日焼け止めの臭いの原因は成分の影響なのかみていきましょう!

日焼け止め匂いなし

日焼け止めってなぜか独特の匂いがしませんか?

その匂いが特に気にならないものだったり、逆に好みの匂いであれば特に問題はありません。

しかし、効果や使い心地は気に入っているのに、どうしても匂いが好きになれないというものもありますよね!

どんなに日焼け止めの効果が良くても、特に日差しが強い夏場は毎日のように使用するものですから、匂いが気になる日焼け止めはそれだけで使いたくなくなってしまいます。

今回は、日焼け止めの匂いについてご紹介します。

目次

  • 日焼け止めで匂いなし・匂いがしないのものはある?
  • 日焼け止めの匂いを消す方法とは?
  • 日焼け止めの匂いの原因は成分の影響?
  • まとめ
スポンサーリンク

日焼け止めで匂いなし・匂いがしないのものはある?

日焼け止め、特に乳液タイプ・ジェルタイプ・スプレータイプには、独特の匂いがするものが多いですよね。

では、日焼け止めには匂いがしないものというのはないのでしょうか?

ニベアサンプロテクトウォータージェル

実は、日焼け止めの中にもきちんと匂いが気にならないタイプのものたくさん販売されています。

例えば、「ニベアサンプロテクトウォータージェル」です。

こちらの商品は、無香料と書かれているので、匂いもほとんど気になりません。

さらにお肌への負担も少なく付け心地も軽いのでお勧めです。

→「ニベアサンプロテクトウォータージェル」の一覧はこちらです

ルバンシュ モイストUVクリーム

そして、もう一つお勧めしたいのが「ルバンシュ モイストUVクリーム」です。

こちらは、天然成分でできているので、日焼け止め独特の臭いもせず、さらに天然成分なので敏感肌の人でも安心して使用することが出来ます。

→「ルバンシュ 日焼け止め」の一覧はこちら

このように、日焼け止めの中には、

  • 日焼け止めの匂いがしないもの
  • 独特の匂いがせずやさしい匂いのもの
があるのでチェックしてみてくださいね!

日焼け止めの匂いを消す方法とは?

どうしても使い心地は気にっているけど匂いが気になる!というとき、

日焼け止めの気になる匂いだけ消す方法ってないのでしょうか?

日焼け止めの匂いを消すのは難しい!

日焼け止めの匂い自体を「消す」というのは難しいようです。

やはりどうしても気になるのであれば、

日焼け止め独特の匂いがしないものを選ぶしかありません!

それか、ちょっと強引ですが、日焼け止めと一緒にお気に入りの香水などを使用するという方法もあります。

日焼け止めの匂いが少ない場合は香水でごまかすことが可能!

香水の匂いの方が日焼け止めの匂いに勝っていれば、日焼け止めの匂いは気になりません。

ただ、やはり日焼け止めの匂いを消す方法というのはないようですね!

スポンサーリンク

日焼け止めの匂いの原因は成分の影響?

日焼け止めというと、どれも同じような独特の匂いがしますよね。

という事は、日焼け止めの匂いの原因は成分なのでしょうか?

成分が匂いの原因に!

日焼け止めの匂いの原因の一つとして考えられるのが、実は成分なのです。

特に紫外線散乱剤の代表的な成分である

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
というものが匂いの原因の一つです。

つまり、日焼け止めの匂いが気になる場合には、これらの酸化チタン・酸化亜鉛などの気になるにおいを発する成分を使用していない日焼け止めを選ぶことが大切です。

使用期限が過ぎているのが匂いの原因に!

さらに、使用期間が過ぎた日焼け止めの場合にも、

  • 酸化が進んでいるのが原因
  • 雑菌が繁殖していることなどが原因
で匂いを発していることがあります。

日焼け止めの匂いが気になるという人は、無臭のものをえらうぶという方法もありますが、臭いを発する成分が使われていないものを選ぶようにすることも大切なのです。

まとめ

日焼け止めの匂いの原因は、日焼け止めの成分や日焼け止めの使用期限が過ぎていることがわかりましたね。

日焼け止めの匂いは、時には気になるものもありますが、中には匂いのない無臭のものもあります。

無臭の日焼け止めには、あらかじめ「無臭」と書いてあるのでわかりやすいと思います。

どうしてもにおいが気になる場合には、匂いのしないものや気にならない臭いのものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク