日焼け止めを塗らないとどうなるのでしょうか?

日焼け止めを塗らないとシミの原因になるため塗るほうがいいのでしょうか?

それとも日焼け止めを塗ると肌に負担がかかったりするので、無理して塗らない方がいいのでしょうか?

日焼け止め塗らない

夏になると、紫外線からお肌を守るために日焼け止めが欠かせないという人も多いと思います。

逆に日焼け止めを塗らないと、お肌に様々な影響があるという事もわかっています。

しかし、日に焼けるほかにどのような悪影響があるのか、あまり詳しく知らないという人もいるのではないでしょうか?

そして、人によっては日焼け止めを塗ることでお肌に負担がかかってしまい逆に悪影響を与えることがあります。

今回は、日焼け止めを塗らないことのメリット・そして塗らないことのメリットなどを見ていきたいと思います。

目次

  • 日焼け止めを塗らないとどうなる?
  • 日焼け止めは塗らない方がいい?塗る方がいい?
  • まとめ
スポンサーリンク

日焼け止めを塗らないとどうなる?シミの原因になる?

日焼け止めを塗らないと、日に焼けてしまうという事は知っていますよね。

では、他にはお肌にどのような悪影響を与えるのでしょうか?

日焼けが肌に与える影響とは?

女性が特に気にしているのが、シミなどのお肌の老化ですよね。

確かに、日焼け止めを塗らずに紫外線対策を全くしていないと、

シミの原因やお肌の老化など様々な影響を与えます!

その中でもお肌の老化というのは顕著に表れるものなのです。

日焼け止めを塗っていない場合、通常の自然老化に合わせて光老化というものが進みます。

光老化の場合、自然老化と違い、
  • 細胞の深い部分からお肌が衰えていく
というものになります。
他にも、
  • 皮膚がん
  • 目の病気
のリスクが高くなるという事もわかっています。

紫外線対策は日焼け止めだけではない!

ただ、紫外線を防ぐ方法は日焼け止めだけではありません。

例えば、

  • 日陰にいる
  • 帽子
  • 日傘
  • 長袖
  • 手袋
などで紫外線を防ぐ方法もあります。

スポンサーリンク

日焼け止めは塗らない方がいい?塗る方がいい?

日焼けをしないためには、日焼け止めを塗るのが一番手っ取り早いですよね。

しかし、最近では

  • 日焼け止め自体がお肌に負担をかける原因になる
  • 日焼け止めが原因で皮膚がんになる
などという話もよく聞きます。

では実際に日焼け止めは塗ったほうがいいのでしょうか?それとも塗らない方がいいのでしょうか?

日焼け止めは塗るほうがいい!

答えだけを言ってしまうと、日焼け止めはやはり塗ったほうがいいです。

しかし、人によっては

  • 敏感肌の人
  • 子供や赤ちゃん
の場合、日焼け止めを塗るとお肌への負担が心配ですよね。

そんな人の場合には、お肌に負担のかからない日焼け止めを選ぶことが大切です!

日焼け止めの選び方について

日焼け止めといっても、いろいろな種類があるためどれを選んだらいいのか?という人も多いのではないでしょうか?

そこで日焼け止めの選び方のポイントについて順番に確認していきましょう!

日焼け止めの成分について

日焼け止めを選ぶとき、できれば天然成分を使ってできている日焼け止めを選ぶようにしましょう。

やはり天然成分の方が肌に優しいというメリットがあり安心ですよ!

日焼け止めの種類について

次に、日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

この中で、

  • 紫外線吸収剤は紫外線を抑える効果が強い分お肌への刺激も強い!
  • 逆に紫外線散乱剤はお肌への負担は弱い!
という特徴があるのです。

その為、特にお肌が弱い人は、紫外線散乱剤を使用した日焼け止めやオーガニックの成分を使った日焼け止めを使用するようにしましょう。

日焼け止めのSPF値とPA値について

日焼け止めにSPF値とPA値があります。

確かに数値が大きい方が効果は強いですがその分お肌に負担がかかります。

そして、この数値は必要に応じて数値の小さいものでも十分に紫外線を防ぐことが出来ます。

必要以上に数値の大きなものを選ばずに、状況に応じて効果の高いもの・低いものを使い分けるようにするといいですよ。

日焼け止めは、自分に合ったものをなるべくきちんと塗るようにしましょう。

まとめ

昔は日光を浴びることは身体を丈夫にするといわれていましたが、今は紫外線の悪影響を受けてしまうためあまり直接日光を浴びることはよくないといわれています。

紫外線を多く浴びるとお肌の老化やがんなどの病気につながることがあります。

その為、特に日差しの強い夏の時期には、しっかりと日焼け止めを塗ることが大切なのです。

その状況に合った日焼け止め、自分に合った日焼け止めを選んで塗るようにしましょう。

スポンサーリンク