日焼け止めに使用期限はあるのでしょうか?

日焼け止めは1年前(去年)のものは使用できるのか、有効期限を過ぎたら未開封でも効果なしなのかみていきましょう。

日焼け止めの期限

日焼け止めって、シーズンで使いきれない場合どうしていますか?

もったいないから次のシーズンまで取っておいて、また使うという人もいると思います。

しかし、ここで気になるのが日焼け止めの使用期限です。

化粧品でも、使用期限は開封後で1年、未開封でも2~3年といわれていますよね。

では、日焼け止めの場合はどうなのでしょうか?

期限切れの場合の効果なども合わせてご紹介していきます。

目次

  • 日焼け止めに使用期限や有効期限はある?
  • 日焼け止めは1年前(去年)のものも使用できる?
  • 日焼け止めは期限を過ぎたら未開封でも効果なしなの?
  • まとめ
スポンサーリンク

日焼け止めに使用期限や有効期限はある?

ではまず、日焼け止めの使用期限・有効期限を見ていきたいと思います。

日焼け止めの場合にも、きちんと使用期限・有効期限が設けられています。

防腐剤が使用されている日焼け止めの使用期限!

日焼け止めの使用期限や有効期限は、化粧品とほとんど同じで開封後で保存状態が良ければ1年、未開封であれば3年はもちます。

ただ、開封されたものの場合、状態によっては

  • 防腐剤の効果が薄くなる
  • 雑菌が繁殖しやすくなる
というのも事実です。

実際に日焼け止めというのは、基本的にワンシーズンで使い切ることを想定して作られています。

その為、もしも1シーズン前のものでも、

  • 臭いがおかしい
  • 中身が分離している
というようであれば使用をやめることをおすすめします。

ちなみに開封後で1年・未開封で3年というのは、防腐剤が使用されている日焼け止めです。

無添加の日焼け止めの使用期限!

中にはお肌に負担をかけないために無添加のものもありますよね。

無添加の日焼け止めの場合には、

  • 開封後で半年
  • 未開封でも1年以内
には使い切るようにしましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めは1年前(去年)のものも使用できる?

日焼け止めを使っていると、シーズンが終わってしまってもだいぶ残ってしまったなんていうことも少なくありませんよね。

しかし、安いものであればあきらめて使用をやめ、捨ててしまうという事も出来ますが、奮発して購入した高いものだとなかなか捨てるのはもったいないもの。

そんな時には、1年前のものでも使用することが出来るのでしょうか?

防腐剤を使用している日焼け止めなら1年前のものでもOK!

基本的には防腐剤が使用されている物であれば、保存状態が良ければ1年前のものでも使用することが出来ます。

保存状態が良いというものは、

  • 直射日光を避けている
  • 室内で保管している
といった場合です。

雑菌が入ってしまった日焼け止めの使用は去年のものでもNG!

しかし、雑菌が入ってしまい、1年前のものを開けた時に

  • 変な匂いがする
  • 明らかに品質がおかしい
という場合には残念ながら使用をあきらめましょう。

そして、保存状態に問題はなくても、使ったときに炎症を起こすなどしたときにも直ちに使用をやめるようにしましょう。

日焼け止めは使用期限を過ぎたら未開封でも効果なし?

日焼け止めは、防腐剤が使用されている物であれば、基本的に未開封なら3年ほどは持つといわれています。

しかし、未開封なのだから使用期限を過ぎても使えそうな気がしますよね。

実際に、未開封の場合、使用期限が過ぎたら使うことはできないのでしょうか?

日焼け止めは使用期限を過ぎたら未使用でも効果は期待できない!

日焼け止めの場合、未開封のものでも使用期限が過ぎたものの場合、残念ながら日焼け止めの効果は期待できません。

さらに、効果が期待出来ないどころか、お肌に悪影響を与えてしまうことがあります。

その原因は、

  • 成分が変化する
  • 成分が分離する
などのことが理由として考えられます。

確かに未開封のものだと使用期限を過ぎてしまったらもったいないと思ってしまいますよね。

しかし、効果が期待できないだけではなくお肌に悪影響を与えてしまう可能性も考えられるので、絶対に使用はやめましょう。

まとめ

日焼け止めには、未開封・開封後ともにおおよその使用期限があります。

使用期限が過ぎてしまっても、もったいないし、食品ではないのだからまだ使えるのではと思いがちですよね。

でも、実際には使用期限を過ぎると、

  • 中身が分離してしまう
  • 雑菌が繁殖する
などしてしまい、お肌に悪影響を与える可能性があります。

例えそうでないとしても、日焼け止めの効果はほとんど期待できません。

その為、使用期限が過ぎてしまったものは、きちんと処分をするようにしましょう。

スポンサーリンク