埋没毛の治し方にはどのような方法があるでしょうか?

埋没毛や埋もれ毛を治すには抜くか、皮膚科を受診するか、脱毛エステサロンに行くか、など治し方のおすすめを確認していきましょう。

埋没毛の治し方

埋没毛を気にしている女性は意外と多いものですよね。

埋没毛の原因は、主にカミソリや毛抜きなどでムダ毛処理をし、その後のケアを怠っていることにあります。

一度埋没毛がはえてしまうと、なかなか抜けないというのが一番困るところですよね。

しかし、特に腕や脚に埋没毛が生えてしまった場合、夏など露出する場面が多い場合はとても困るもの。

そこで今回は、埋没毛の治し方についていくつか紹介していきます。

目次

  • 埋没毛の治し方!抜くのはOK?NG?
  • 埋没毛の治し方!皮膚科を受診するのはどうなの?
  • 埋没毛の治し方!脱毛エステサロンを利用するのはどうなの?
  • まとめ

●関連記事

⇒「埋没毛や埋もれ毛の対処クリームおすすめはコレ!」の記事へ

スポンサーリンク

埋没毛の治し方!抜く方法はOK?NG?

埋没毛の治し方で抜く方法はOKなのでしょうか?NGなのでしょうか?

埋没毛は皮膚の中に生えているムダ毛ですが、どうしても気になると無理にほじって抜きたくなりますよね。

埋没毛を直接抜くという方法はあまりおすすめはできませんが、どうしてもという場合には正しいやり方で行いましょう。

埋没毛や埋もれ毛の正しい抜き方とは?

埋没毛を直接抜く場合に大切なのは、殺菌消毒です。

どうしても無理に抜かなければいけないので、そこに細菌などが入り炎症を起こしてしまう可能性があるからです。

埋没毛を直接抜く方法は、

  • 使用するピンセットなどをしっかりと消毒します。
  • 抜きたい埋没毛の生えているところを蒸しタオルなどで柔らかくします。
  • 埋没毛の部分をつまみ出し、毛の部分をピンセットで抜きます。
  • 埋没毛を抜いた場所は、そのままにしておくと雑菌などが入り炎症を起こしてしまうこともあるので、しっかりと殺菌をしましょう。

あとで困らないように正しい方法で埋没毛や埋もれ毛を抜きましょう。

スポンサーリンク

埋没毛の治し方!皮膚科を受診するのはどうなの?

埋没毛の治し方で皮膚科を受診するのはどうなのでしょうか?

埋没毛を治す方法の一つとして、皮膚科を受診する方法があります。

ただ、皮膚科を受診したからと言って、埋没毛を処理するわけではありません。

皮膚科で行われる治療は、あくまで埋没毛によっておこる炎症などに対する処置のみです。

もしも特に埋没毛が生えている部分に異常が起こっていなければ、特に処置はしません。

つまり、家で行う治し方とさほど変わらないのです。

ただ、皮膚を柔らかくすることによって埋没毛が表面に現れるのを促すことが出来るので、その効果がある薬を処方されることもあります。

ちなみに埋没毛の治療のために皮膚科を受診した場合でも、きちんと保険が適応となるので安心して受診しましょう。

埋没毛の治し方!脱毛エステサロンを利用するのはどうなの?

埋没毛の治し方で脱毛エステサロンを利用するのはどうなのでしょうか?

やはりムダ毛をきちんと処理したいなら、脱毛エステサロンですよね。

しかし、埋没毛というのは、ムダ毛ではあっても身体の表面に出ていないものですよね。

その為、脱毛サロンでは埋没毛の施術を受け付けていないところもあります。

医療レーザー脱毛なら埋没毛の脱毛も可能!

医療レーザー脱毛なら埋没毛の脱毛も可能です。

もちろん、永久脱毛を行えば、埋没毛が生えることはありません。

ただ、やはり気になるのが、施術の料金ですよね。

脱毛エステサロンの施術料金は、サロンによって実に様々です。

脱毛エステサロンの多くは、それなりの施術料金がかかります。

もちろん、しっかりと埋没毛を治し、さらに埋没毛を永久に生えないようにするなら脱毛エステサロンがおすすめです。

もしも利用する場合には、自分に合ったところを探し、料金なども納得したうえで施術を受けるようにしましょうね。

まとめ

埋没毛をすぐに処理する方法として、自分で行う方法のほかに、皮膚科を受診したり、脱毛エステサロンを利用する方法があります。

自分で埋没毛を抜くのは手軽ですが、その分リスクを伴うものでもあります。

皮膚科の場合は、埋没毛を処理するというよりも、埋没毛による皮膚の炎症などを処置することが大きな目的となります。

埋没毛に対してはそのまま抜けるのを待つか、皮膚を柔らかくする薬を使用して抜けるのを促す程度となります。

確実に埋没毛を抜き、さらに埋没毛が生えないようにするならやはり脱毛エステサロンがおすすめです。

ただ、料金や施術がサロンによって違いがあるので自分に合ったところを見つける必要があります。

埋没毛を抜く方法にはいくつかありますが、まずは、自分に合った方法をきちんと選ぶことが大切になってきます。

●関連記事

⇒「埋没毛や埋もれ毛の対処クリームおすすめはコレ!」の記事へ

スポンサーリンク