埋没毛の処理の仕方と注意点にはどのようなことがあるのでしょうか?

そして埋没毛が出てこないとき出す方法はあるのでしょうか?

また、埋もれ毛をそのまま放置したらどうなるのか、なんとかして抜く方がいいのかについても確認していきましょう!

埋没毛の処理

埋没毛というのは、カミソリや毛抜きなどでムダ毛処理をすることで起こりうるものですよね。

そして、一度埋没毛が出来てしまうと、そのままでは取り除くことが出来ません。

でも、埋没毛というのは見た目も黒いボツボツなので、特に女性にとっては恥ずかしいものです。

では、そんな埋没毛はどのように処理すればいいのか、そして埋没毛をそのまま放置したらどうなるのかも合わせてご紹介します!

スポンサーリンク

埋没毛の処理の仕方とは?埋もれ毛を抜くおすすめの方法は?

埋没毛になってしまったら処理の仕方でいい方法は何かあるのでしょうか?

まず埋没毛の処理の仕方についてご紹介します。

埋没毛というのは、皮膚の内側に生えてしまったムダ毛になりますよね。

直接抜くことが出来ないので、無理をしてほじって抜こうとしていませんか?

しかし、埋没毛をほじくって無理やり抜くと

  • 皮膚が炎症を起こす
  • 傷痕が残る
  • 出血する
  • シミになる
などして最悪の場合取り返しのつかないことになってしまいます。

肌トラブルにならないためには、無理をして埋没毛を抜いてはいけません。

埋没毛の処理でおすすめの方法は?

埋没毛の処理でおすすめの方法は、埋もれ毛が皮膚から出てくるように角質を取り除く方法です。

  • ボディースクラブ
  • 顔用のピーリング
を使用すると、古い角質を取り除くことができます。

これを何度か繰り返すことにより、お肌のターンオーバーが早まり、埋没してしまった毛が表面に出るのも早くなります。

スポンサーリンク

埋没毛が出てこないとき出す方法とは?

埋没毛が出てこないけど、どうしても出したいときの出す方法はあるのでしょうか?

埋没毛が気になっていて、お肌のターンオーバーを促すだけじゃ待ってられないという人もいると思います。

そんな時には、やはり無理をしてピンセットで抜くしか方法はありません。

ただ、埋没毛をピンセットで抜く場合はもちろんリスクを伴うので、それを承知で行いましょう。

埋没毛をピンセットで抜く方法とは?

埋没毛をピンセットで抜くやり方をご紹介します。

①ピンセットを消毒します。

②毛を抜きたい部分の皮膚を柔らかくするために蒸しタオルなどを当てます。

③皮膚を伸ばすようにし、埋没毛のある部分をつまみ、毛の根元をピンセットで取ります。

④埋没毛を抜いたところはアルコールなどで消毒をしておくようにしましょう。

このような順番です。

※さきほどもお伝えしましたが埋没毛をピンセットで抜く場合は肌トラブルのリスクを伴います。

埋没毛を抜いたら、驚くほど長かった!っていう経験をした人は多いのではないでしょうか!

埋没毛を放置したらどうなる?

埋没毛をそのまま放置したらどうなるのでしょうか?

埋没毛は気になるけど、中にはそのまま放置してしまうという人もいると思います。

その理由としては、見た目は確かに気になるけど、特に痛みなどは感じないからです。

通常、埋没毛というのはそのままにしておけばお肌のサイクルとともに自然に抜け落ちるものです。

しかし、気になるとどうしても抜きたくなってしまうものですよね。

ただ、埋没毛が皮膚から顔を出したからと言って、慌てて抜くのはよくありません!

きちんと抜かないと、

  • また残った部分が埋没毛となってしまう
  • 抜いた部分が炎症を起こしたりシミになってしまう
ということもあるのです。

埋没毛は、放置しておけば自然と抜け落ちていきます。

というよりも、そのまま放置して自然に抜け落ちるのを待った方がお肌へのダメージは少なくなります。

まとめ

埋没毛というのは、見た目が黒いボツボツなので、一度できてしまったら少しでも早く改善したいものですよね。

しかし、ピンセットや毛抜きなどで無理に抜くのは最終手段にしておきましょう。

もしもきちんと消毒などをせずに抜いてしまうと炎症を起こしたりシミになったりしてしまうことも考えられます。

埋没毛をより早く処理したいなら、まずはお肌のターンオーバーを促し、少しでも早く抜け落ちるようにするようにしましょう。

その方法として専用のクリームを使用したり、ピーリングなどを使用する方法もありますよ。

どんなに埋没毛が気になっても、お肌を傷つけるような方法はなるべく避けたいものですね。

スポンサーリンク