日焼けで毛穴が赤い症状やブツブツになる原因にはどのような理由があるのでしょうか。

また、日焼けで毛穴が開く場合の対策にはどのような方法があるのかみていきましょう。

日焼けで毛穴が赤い

日焼けをすると、肌がヒリヒリしたり、小麦色になったりしますよね。

しかし、日焼けをするのはお肌だけではありません、毛穴も日焼けをするんです!

今回は、毛穴が日焼けをしたときの症状や対策についてご紹介します。

目次

  • 日焼け後に毛穴が赤くなる原因とは?
  • 日焼け後に毛穴がブツブツになってしまう原因とは?
  • 日焼けが原因で毛穴が開く場合の対策方法とは?
  • まとめ

●関連記事

⇒「日焼け後のシミの対策と予防におすすめの方法とは?」の記事へ

⇒「日焼け後のケア!美白方法とかわむけや肌荒れの対処法とは?」の記事へ

スポンサーリンク

日焼けで毛穴が赤い湿疹のような症状になる原因とは?

日焼け後に、赤い湿疹がたくさんできることってありませんか?

ほとんどの場合、この日焼け後の赤い湿疹は数日で消えることが多いのですが、時には何年も残ってしまうことがあります。

日焼け後の赤い湿疹は「日光皮膚炎」

この毛穴の赤い湿疹の正体は、「日光皮膚炎」の可能性が考えられます。

これは、日光に含まれる紫外線が原因で、毛穴が炎症を起こしてしまうのです。

ただ、毛穴に赤い湿疹が出来てしまう人の特徴として、日に当たっても日焼けをしにくい人が多いようです。

もしも赤い湿疹が出来てしまったら、まずは応急処置として

  • 肌を冷やす
  • 保湿をする
ということをおすすめします。

その後は出来れば皮膚科に行くことをおすすめします。

数日で改善すればいいのですが、時には何年も残ってしまう事もあります。

それを防ぐためや少しでも早く治すためには、病院に行くのがおすすめです。


スポンサーリンク

日焼けで毛穴がぶつぶつになる原因とは?

日焼けをしてしまったときに、毛穴が黒くブツブツになってしまうことがあります。

実はこの原因は、日ごろのお肌のお手入れが関係しているのです。

紫外線で酸化した皮脂やメイクなどが原因!

紫外線で酸化してしまった皮脂やメイクなどが原因で、肌を黒くするメラニンが毛穴にたまってしまうのです。

そして、毛穴に詰まった汚れがザラザラとしてしまっているのです。

こうなってしまうと、ゆっくりとケアをして改善をしていくしかありません。

毛穴のブツブツはシミと同じメカニズムなので、シミを改善する化粧品などを利用すると効果的です。

さらに、ビタミンや亜鉛などをしっかりと摂ってターンオーバーを促進させるのも一つの方法ですよ。

日焼けで毛穴が開く場合の対策方法とは?

日焼けで毛穴が開いてしまうと、毛穴のブツブツが目立つようになりとても恥ずかしいですよね。

では、毛穴の開きを解消するためにはどうしたらいいのでしょうか?

日焼けをしたらすぐに肌ケアをする!

日焼けで毛穴が開いてしまう一番の原因は、日焼けのケアをすぐにしないことです。

つまり、日焼けをしたらすぐに日焼けケアをすれば毛穴が開くのを防ぐことが出来るのです。

ではどうすればいいのでしょう?

①冷やす

まず基本は日焼けしたところをしっかりと冷やします。

②保湿をする

次は肌に刺激の弱い保湿クリームなどでしっかりと保湿をします。

③水分を摂る

後は、日焼けというのは水分が不足するので、その水分を補給するために普段よりも意識して水分を取るようにします。

④睡眠時間を確保する

さらに、お肌のターンオーバーを促進するために、十分に睡眠時間をとることも大切になってきます。

まとめ

日焼けをしたときにかかわらず、毛穴が目立つのは女性にとってとても恥ずかしいことですよね。

その為、もしも日焼けをしてしまったら、お肌へのケアはもちろんですが、毛穴にも十分に注意をすることが大切です。

さらに、日焼けをしたときにはその人や状況によって様々な毛穴の症状が現れるので、症状に合わせて対処する必要があります。

もしも赤い発疹になってしまった場合には、「日光皮膚炎」の可能性が考えられますので、基本的なケアをした後は皮膚科を受診することをおすすめします。

他にも、毛穴が開いてしまったり、ザラザラが気になる場合には、少しでも早く改善するために、基本的なケアをしつつ、水分を多くとったり、食事にも気を付けることが必要になってきます。

日焼けというと、お肌のケアが気になるところですが、実は毛穴にも大きな影響を与えているものなのです。

日焼けによって毛穴にも跡が残らないように、しっかりとケアしてあげることが必要なのです。

スポンサーリンク